単行本情報スカイフォール~消し尽くせぬ夏の光~(1)
第1集絶賛発売中!!
発売日 2019/2/28
Amazonで買う

戦時中の広島へ高校生がタイムスリップ!

原爆が投下される直前の広島に、
時空を超えて飛んだ現代の高校生。
原爆被災地となった広島で
オーバーラップしてくる3.11の記憶・・・・・・

高校の修学旅行で、広島平和記念資料館を見学していた南 陽太は、館内の白い扉を開けたとき、時空を超え、原爆が投下される直前の広島に飛んでしまう。
無差別に多くの人命を奪う核兵器。南は一人の少女と共に、爆心地からなるべく遠くへと自転車をこぐ。
被爆地広島で、よみがえってくる3.11の記憶・・・南は翻弄されながらも、広島の被災と復興に向き合っていく。

作家コメント
決して忘れてはいけない原爆の被災。
二人(南くんと重高さん)の視点から、「あの日」「あの時」のことを読者の皆さんに伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。
三門ジャクソン
名古屋市出身&在住。第284回スピリッツ賞奨励賞受賞。 2015年『Turning!』で読切デビュー。今作が初連載。

編集部コメント

戦後35年の1980年に綴られた『慟哭~この思い風化させまじ~』という手記があります。その手記の中で、かつて息子を原爆で失った母親はこう語っています。
――(被曝遺族の体験談を)語ろうとすればオロオロと、いつも胸がいっぱいになり、心はますます閉ざされて、「忘れてしまったのか」と非難もされた。
(中略)
毎年その日(八月六日)は、私は誰もいないところを求めて思い切り泣くことにしている。その八月六日が何度もめぐり、そうして去って、「この悲しみがわかるものか」とかたくなな三十余年が過ぎた。
(中略)
人生の終着駅近くなったことを痛感し、黙し続けてきたことにたまらない焦燥感を覚えるようになった。いま残しておかなければ、この戦争の残酷さ、非情さを知らぬ人ばかりになると、はじめてペンを取る決心をしたのである。

この手記がきっかけで『スカイフォール~消し去れぬ夏の光~』は生まれました。

  • 11: 2019-09-09 13:47:36 ID:NjU5NDUxYmVj
    1巻発売の何ヶ月も前に音信不通になったから、作者が続きを思いつかなくてギブしたんだと思う。
  • 10: 2019-08-21 22:49:49 ID:YTExYjU1ODg1
    たぶん1巻が売れなかったんだね。
    こういうテーマのものだから、短期で結果を求めるのは難しい作品だったように思います。
  • 9: 2019-08-06 19:52:56 ID:Mjc5Yzg0NTUx
    読みたい。続きを読みたい。
  • 8: 2019-08-06 08:24:17 ID:YzM5MmU0YWMz
    中途半端な終わり方。切り方がひどい!
  • 7: 2019-07-17 19:40:59 ID:YjM4ZmRkZGMx
    続きを読ませてくれ