使いっ走り、カツアゲ、万引き、暴力、集団レイプ…
学校という現場で起きる「いじめ」の実態は深刻化する一方だ。
学校も親もクラスメイトも、誰一人も頼りにならない――
そんな絶望の淵にいる子どもを救うのが“いじめ探偵”だ。
今の教育現場に巣くう病巣と対決する、新たなヒーローここに現る!

原案・シナリオ協力者コメント
学校を動かすために、探偵の力でいじめの証拠集めをしています。どうか他人事と思わずに、現場で起きていることを知ってもらえたら嬉しいです。
阿部泰尚
1977年、東京都生まれ。T.I.U.総合探偵社代表。2004年からいじめ相談を無料で受け始める。著書に『いじめと探偵』(幻冬社新書)など。メールアドレスはanshin@go-tiu.com

漫画家コメント
子供と真剣に向き合う”かっこいい大人”を描きたいと思います。
榎屋克優
1987年、横浜市生まれ。京都精華大学マンガ学部卒業。代表作に『日々ロック』、『ミツコの詩』など。ピッコマで『1%の恋〜童貞の僕とアセクシャルな彼女〜』連載中。

編集部コメント

文部科学省の調査によれば、いじめの認知件数は年々増え続け、2019年度は過去最多の約61万件にのぼり、いじめが原因で自殺に追い詰められた小中高校生の生徒数は年間300名を超えています。なぜ死なねばならない子どもが出てしまうのか? なぜ防げない? 今の教育現場、子どもたちはどうなっているのか? 実際に数多くのいじめ案件を手がけてきた“いじめ探偵”阿部泰尚氏に原案・シナリオ協力をあおぎ、『日々ロック』など熱く胸を揺さぶる作品を送り出してきた榎屋克優氏のタッグで描く事実を基にした社会派エンターテインメント作品の登場です! 

  • 213: 2021-06-18 00:33:32 ID:OGUwOWMzZjMz
    地域ぐるみでのいじめ隠蔽とかやめてくださいよ
  • 210: 2021-06-15 10:47:31 ID:YWUyMDNjYjMz
    いじめ加害者は反省はしないよ
    反省したら自分のメンツもプライドも壊れてしまうからな。
    日本人ってメンツとプライドだけは絶対死守したい民族です。
  • 209: 2021-06-15 08:10:02 ID:N2IyN2ZjMGQz
    最初の回で動物との比較がありましたよね。
    たとえ過ちを犯しても、後悔し、反省するのが人間です。そうして「人間」になってゆく。
    かつてある女優さんが「挫折を知らない男なんてなんの魅力もない」って言っていました。
  • 208: 2021-06-13 06:56:55 ID:NGE2YWRkOTc3
    商売でやってるから依頼者以外の子供の事は知った事ではないのか知りませんが、
    元々バケモンみたいなのをレベルアップさせて放置して終了はないですわなぁ。
    もしかしたらこの話日本を舞台にしてると見せてISもしくは発展途上国の話なのかな。
    日本という国は成人相手でも更生の可能性があったら懲役とか罰金を科すことで
    反省と更生を促す制度があるんですよ。
    雑でもいいから児童相談所送りなり親の都合で転校なりさせるべきでしたね。
    逆上の金澤君でスピンオフ描けちゃいますよ。
  • 207: 2021-06-10 07:12:53 ID:NjNlN2I4NmY5
    転校まではやり過ぎなのか。

  • 206: 2021-06-10 02:44:43 ID:M2Q3NjA5OTQw
    加害者が、学校からも保護者からも過保護的に守られてきたからこその結果を漫画で分かりやすく書いただけでしょ。加害者が気付くタイミングを、認めたくない大人の事情で学校や親が潰してだけ。
    いじめ探偵は、過保護な加害者親子まで面倒みる必要はない。
    問題提起するなら、子供と直接関わって、いじめの訴えも聞いていながら責任転嫁している学校や設置団体、加害者の親にまず責任を問うべき。
  • 205: 2021-06-09 19:57:19 ID:NmVkZDdmNTk0
    〉187
    主犯格の子を放置しているのはその親や学校であって、いじめ探偵さんではない。
    今回のいじめ探偵さんへの依頼はいじめを止めるということであって、すでに達成されている。
    加害者のケアに関していじめ探偵さんにはなんの依頼もない。
    そもそも、心理的なケアや更生、教育などはカウンセラーや教師、両親などの領分であり、いじめ探偵さんの仕事ではない。
    ゆえにあなたの意見は見当違いである。
  • 204: 2021-06-09 16:33:40 ID:ZDhjNDU2OGRm
    いや~、本当に素晴らしい漫画を出してくれた。実話が元になっているのが興味深かった。第7話のいじめっ子(首謀者)は、ある意味可哀想な人だね。
  • 203: 2021-06-09 12:39:20 ID:ODkzNGY2MTEx
    昔ながらの勧善懲悪を期待する人がいることに驚きました。
    反省しない加害者も自由意思があって進む道を選んでいます。
    そっぽ向いている他人をコントロールすることは出来ないし、そこまでの義務もありません。
    被害者が楽しく友達を遊ぶことを復讐とするのは最高で、今後強くなれるだろうし、それは現実社会でも同じだと思います。
    読者をスカッとさせるために描かれた、それこそ商業漫画の世界なら、加害者を痛い目に遭わせ、なぜか突然改心させたりするかもしれませんが、必ずスカッとすればいい訳では無いと思います。
    モヤっとした人は、何か満たされない不満を持っているのでは無いでしょうか?
  • 202: 2021-06-09 09:03:30 ID:YmZhZTVjZWVi
    創作だったら出来るけど、実際は加害者のケアまでは出来ないよね。
    学校もカウンセリングも被害者には優しく対応してくれた。でも本当に問題のある加害者は放置で誰にも本当の気持ちを聞いてもらえないまま、ある意味可哀想。
    子は嘘をついていて親は本当の悪行に気付いていない、子はもう本当の事を言えない。確かに数年後が可哀想だけど、どうすればいいんだろうね。

新刊単行本