もっと見る閉じる

青春って、誰にでもあるものだと思っていた――

第63回全国高等学校演劇大会で文部科学大臣賞(最優秀賞)を受賞し、
現在も全国の高校でリメイクされ、さらに夏に映画化の公開も決まっている
名作戯曲『アルプススタンドのはしの方』。

その戯曲を、瑞々しい表現を得意とする
期待の新人・森マシミがコミカライズ化!

全国大会を諦めてしまった演劇部部長・安田あすは、
天才の存在によって退部を決めた元野球部・藤野富士夫、
野球部エースへの恋を諦めかけているガリ勉帰宅部・宮下恵、
全国大会で主役をやるはずだった演劇部・田宮ひかる。

そんな、青春を「諦めて」しまっている四人がメインのこの物語。

甲子園を目指す野球部の試合の応援に行くかどうかを巡り、
彼らの、たった一度の夏が動き出す――!

漫画家コメント
おはこんばんにちは! 初連載頑張りますのでよろしくお願いします。
エアコンから出てくるにおいが好きです。
森マシミ
大阪府出身。2017年に読切『skirt』が「月刊!スピリッツ」に掲載されデビュー。
本作が初連載。基本的にいつもラーメンが食べたい。

編集部コメント

「夢見る頃を過ぎても、叫ばずにはいられない」。
負けとか、勝ちとか、誰がいいとか、
そんなことばかりに囚われていた17の夏。
結果が出なければ、それは青春とは言えないのか?

必ず共感できる登場人物が見つかる、
真っ直ぐで歯がゆい眩しいくらいの物語を
森氏がありったけの熱量で描きます。
どうか見届けてください。

  • 57: 2020-04-05 01:53:12 ID:Mzc0NDQ4MWUw
    ↓キモい
  • 56: 2020-04-01 18:59:42 ID:ZmE5MDZiNzgw
    演劇部の目標「関東大会優勝」がおかしい。
    まず高校演劇には、「優勝」は存在しない。高校演劇は勝ち負けじゃない。
    ブロック大会から夏の全国にいけるのは「最優秀賞」
    それから「関東大会」ってものも少し違う。「北関東大会」と「南関東大会」がある。まぁどちらも「関東大会」って言ってる人はいるけど。

    もうちょっと原作戯曲リスペクトして高校演劇についても調べてください。高校演劇では頂点とった作品なのに扱いが雑すぎます。
  • 55: 2020-04-01 10:55:45 ID:MjhhMDQ3ZWMz
    絵は描いていれば上手くなる。本人次第だけど。
  • 54: 2020-04-01 02:02:30 ID:MmViMDRlOWRm
    友達に無理やり連れてかれる展開とかの方が良かったのでは?
  • 53: 2020-03-30 15:32:37 ID:MDU4MGYwN2U5
    かつて、このやわらかスピリッツでは以下の最高の作品を無料で配信しておった。やみきんっ♥うしじまきゅん、パラフィリア 〜人間椅子奇譚〜、青猫について、駅メモ!-みろくのマスターレポート-。この4つの作品だけは今でも気に入っておる。できるならば今一度配信してほしいもんだ。せめて正月だけでもな。