ついに10月3日(火)から放送がスタートしたTVアニメ「お酒は夫婦になってから」。
日本一のイチャイチャカップル・水沢夫婦を演じる主演のお二人にいろいろ聞いてみました!

「自分はぜってー受からねぇ!」って思ってました(笑)
――まず、役に決まった時のお気持ちを聞かせてください。
喜多村 千里は「しふくぅぅぅ」という、普段自分があまり言わないようなセリフだったり、お仕事モードとソラの前で見せるかわいらしいお嫁さんの差だったり、いろんな表情を見せなければいけないキャラクターと認識していたので、オーディションでは「自分はぜってー受からねぇ!」って思ってました(笑)。なので決まった時はびっくりでした。そういった意味でチャレンジであり、緊張感もある、乗り越えていきたい大きな目標になりました。
市来 僕も驚きと嬉しさがありました。原作を読んで、ソラのことを考えたりは当然していたんですけど、それ以外で何かしら役柄に近づいてみたいなと思って、漫画を読みつつ簡単なお酒を作ってみたりして・・・その修業の成果を見せられる場をいただけて、本当に嬉しかったです。

――原作を読まれた感想はいかがでしたか?
喜多村 少女漫画といってもおかしくないような柔らかいタッチで、清々しいくらいベタベタで、イチャつく夫婦を描かれていて、このクリスタルな洋介先生の脳内はどうなってるんじゃいって! 先生のペンネームもさることながら、いろいろ突っ込みどころが満載の漫画だなって思いました(笑)。
市来 第一印象は…絵もさることながら、やっぱり中身が(笑)。各話、後半まで読み進めると、だいたいもう「フゥッフゥ~!!」って言いながらソファーに寝っ転がりたくなるような甘い展開だらけで。つまりはニッコリとしてしまうような、人を幸せにするような、それこそ結婚に憧れてしまうような人が現れてもおかしくない作品だなと。その魅力をアニメーションで観ている方にも伝えられたらいいですね。
純粋さと、素直さのギャップにキュンキュン。
――ご自身が演じられるキャラクターについては、どう思われましたか?
喜多村 千里はオンとオフがしっかりしているキャラクターだと思うんですけど、そのお仕事モードの時のまっすぐさ、一生懸命さと、ソラの前での純粋さ、素直さのギャップに、読者の方も、ソラも、きっと描いてる先生ご自身も、みんな魅力を感じてキュンキュンするんだろうなと。そこの彼女の内面の差を別人にならないバランスでしっかり演じて、魅力的なキャラクターにしなければという印象を受けました。

――ちなみに喜多村さんと千里に共通点は……
喜多村 あ、ないですー。ご安心ください(笑)。
市来 質問が終わる前に(笑)。
喜多村 結婚もしていないし、お酒はあまり飲まないので、ほんとに!唯一似てるところは……一生懸命なところかなっ!! 「カッコ笑い」をつけて(笑)。
市来 僕が初めて原作を読んで思ったことは、こんなにいい男(ソラ)が世の中にいるだろうかと。とにかく妻であるちーちゃんのことを想っていて、でも、ただ優しいとか甘やかすだけでなく、彼自身、芯がすごくしっかりしていて…まあ無理ではありますけど、こうあってみたいなって思わせるキャラクターだなと。

――市来さんと似ているところは?
市来 う~ん……そうですね。奥さんを甘やかすところとかかな…なんて(笑)。
喜多村 そこんとこ小一時間!! (笑)
市来 (笑)漫画のようにひざまくらまではしませんけど。そもそも、そこまで甘えてくれないんですよね……ってなんの話をしてるんですか!!(笑)。

――それぞれの役柄を演じられるうえで、気をつけられたことはありますか?
市来 ソラは菩薩のような優しさで(笑)ちーちゃんを見守っているんですが、それだけではなく、引っ張っていけるような感じも出せればと。特にちーちゃんはお酒が入るとベタベタで甘々になるので、そこをうまくリードするという意識を持ってやっているつもりです。
喜多村 総監督のひらさわ(ひさよし)さんや作画チームの皆さんが、やっぱりちーちゃんの代名詞でもあり、看板ゼリフでもある「しふくぅぅぅ」のバリエーションやメリハリ、テンポ感にすごくこだわられていて。もしかしたら原作を読まれている方のお好きな間尺とはちょっと違うかもしれないんですけど、とにかく「しふくぅぅぅ」は皆さんがキモにしている部分だと思うので、特に気をつけてやっています。
しふく=ドメタルな音楽を爆音で聞きながら、寝落ちする瞬間(笑)
――お二人はお酒を飲まれますか?
喜多村 打ち上げの時の乾杯程度で、あまり飲まないですね。親が酒豪なので体質的に飲んでもテンションが変わらず、今までお酒の力を借りて人生をどうにかしてきた経験が無い(笑)。渋みとか苦味にも魅力を感じないので、ビールとかコーヒーも飲めなくて…お酒を飲むとしてもカシスウーロンとか甘くないとダメです。
市来 喜多村さんと同じく苦いものはダメで、コーヒーは飲めますけど、ビールは最初の一杯ぐらいで。でも甘いお酒なら好きで、コンビニでおいしそうな、甘そうな酎ハイを買って家で飲むとかはしてますし、飲みの場も嫌いではないですね。

――では、お二人にとっての「しふくぅぅぅ」の時間はなんでしょうか?
喜多村 私は好きなドメタルな音楽をイヤホンつけて爆音で聞きながら、スマホをいじりつつ、都市伝説やオカルト系のサイトをネットサーフィンしつつ、寝落ちする瞬間(笑)。
市来 サイコーですね(笑)。
喜多村 「次の日仕事だから寝なきゃ~」とか、「あ~疲れた、寝よう!」じゃなくて、なんかゴロゴロしながら「いつの間にか寝落ちしてたじゃん!」が一番「しふくぅぅぅ」じゃない?
市来 寝なきゃいけない、っていうのは確かにツライね。
喜多村 そうそう。強いられるものって「しふくぅぅぅ」じゃないよねっていう。ほら、奥が深い~(笑)。

――爆音でも寝られるんですか?
市来 全然寝られる~基本BGMだから(笑)。
喜多村 僕は最近だと子供とキャッキャッ遊んでいる時に「しふくぅぅぅ」 って思います。あとはPCとか据え置き機、スマホやタブレットのあらゆるゲームをとりあえず立ち上げるだけ立ち上げて、隙を見てどれかトントンして遊ぶ時とか。浅くてすいません(笑)。
「このやろう!」って思いながらやってます(笑)
――喜多村さんがオススメの原作エピソードはコミックス第2集収録の第16話「みかんブリーゼ」の回とのことですが・・・?
喜多村 アニメでもアフレコした回です。私は飲まないけど、日本酒って聞くとクセの強そうな印象があって。だけどこのお話に登場する「みかんブリーゼ」が、日本酒をみかんジュースとソーダで割っていて、すごくおいしそうに見えたので。今日の収録でも私が飲めばよかったな!(インタビューの前に番組収録があり、その中で小春役の仲田ありささんが「みかんブリーゼ」を飲んでいました)そういうお酒の部分の魅力もありつつ、あとはこうやって何もない日でも、ストレートにイチャイチャしにいける関係がいいな~って。ラストの「キュンってする」ってセリフも。まあ、アフレコでは「ざっけんなよ!」って思いましたけど(笑)。
市来 いや、この作品こんな展開ばっかりですよ(笑)。
喜多村 こんなのばっかりだけど、「キュンってする」って言ってから後ろ振り向いてスタッフに「このやろう!」って(笑)。あと、これ雨の日のお話で。「冷蔵庫の中身がないから買いに行くね」ってソラが言っていて、千里が「いや~だめぇ~」って。「そこじゃね~だろ!」みたいな(笑)。
市来 そこじゃないね(笑)。
喜多村 ソラがちーちゃんの食事とか家事とか全般をすべて担ってるでしょ。もう「こんなダメ女いないじゃん!」てくらい(笑)。私、この話を読んでて不安になっちゃって。「千里、ソラに捨てられない? 大丈夫?こんないい男いるの?」って(笑)。そんないろんな感情が私の中で葛藤した思い出深いお話なので、オススメです。

――では最後に、原作のファンの方たちにメッセージをお願いします。
喜多村 原作ファンの方はもちろん、アニメーションから入る方にも千里の「しふくぅぅぅ」顔を堪能していただきたいなと思いますし、喜多村が一生懸命「このやろう!」って思いでお仕事をしている(笑)。そんなしふく声を堪能していただければ。よろしくお願いします!
市来 そうですね。あの甘々なシーンの数々が喜多村さんの素敵な美声とともに…
喜多村 このやろう!(笑)
市来 (笑)流れるので、原作を読んでない方も僕と一緒に「フゥッフゥ~!!」言いながら、ソファーに寝っ転がって欲しいなと。
喜多村 クッションを叩いて(笑)。
市来 (笑) クッションをお腹に抱えてお酒を片手に、アニメを観ていただければなと思います。



構成・文/成田賢
撮影/政川慎治

■Profile
喜多村英梨(きらむらえり)

◆誕生日:8月16日 ◆出身地:東京都◆趣味・特技:イラスト、ダーツ、DJ練習中 【おもな出演作品】◆『魔法少女まどか☆マギカ』(美樹さやか役)◆『偽物語』(阿良々木火憐役)◆『フレッシュプリキュア!』 (蒼乃美希/キュアベリー役) ほか

市来光弘(いちきみつひろ)

◆誕生日:1月10日 ◆出身地:鹿児島県◆趣味・特技:料理・格闘ゲーム 【おもな出演作品】◆『BLEACH』(雪緒役)◆『刀剣乱舞-花丸-』(大和守安定役) ◆『D.Gray-man HALLOW』(ジョニー・ギル役)ほか

クリスタルな洋介先生によるアニメルポはこちらから!!

トップへ